FC2ブログ

ツバメのしっぽ。


スポンサー広告

スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 


小説(CPなし、夢)

赤也とブン太と仁王

2009.09.08  *Edit 

完全ギャグで会話のみ



-+--+--+--+--+--+--+--+
「せんぱ~い!今日もカワイイッスね~♪」

「っんのバカ也!抱きついてくんなっ!」

「プリッ、朝からお熱いのぅ」

「何言ってんだよ仁王!?」

「あ、先輩照れてる~」

「うるせぇ赤也!早く教室戻れ!」

「はいは~い、じゃ先輩また後でっ!」


「はぁ、また来るつもりかよ…」

「そんなこと言ってホントは嬉しいんじゃろ、ブンちゃん♪」

「んなわけねぇに決まってんだろィ?!」

「嘘いんしゃい。顔に書いてあるぜよ」

「っ、だって、あんな事されたら恥ずかしいに決まってるだろィ…」

「、と言う訳じゃ。良かったのぅ赤也」

「は、仁王何いって―」

『やっぱり先輩カワイイッス!!恥ずかしがんなくても大丈夫ッスよ!俺も大好きですから!』

―ブツ

「…仁王、お前まさか、」

「ん?電話掛けてきたのは赤也の方ぜよ?」

「っんの性悪変態詐欺師がァァァア!」

ぼくらの青い春
(先ぱ~い♪)((ボフッ))(だから抱きつくな!)(赤也だけズルいぜよ)((ボフッ))(仁王もふざけんな!!)

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。